2013年10月31日

素材の書き出しについて

Flashからベクターデータを書き出す時はFXGファイルで書き出します。
この形式が追加されたのはFlashCS5からです。

ファイル → 書き出し → イメージの書き出し → Adobe FXG
という順番で書き出します。

以前はFlashから直接AIファイルに書き出せました。
FlashCS5からAIファイルが書き出しがなくなったので、
最初は「えー!何故!?困った・・・」って思いました。

でもFXGファイルで書き出すように変更されただけなんですね。
FXGファイルの方が綺麗に書き出せます。

AIファイルの書き出しは色が変わってしまったり、
綺麗なパスで移動できなかったりしました。

パスというのはベクターデータの描画に使う線?のようなもので、
パスで絵を描きます。
出来るだけシンプルな方が操作がしやすくて良いです。






【関連する記事】
posted by ぽち公 at 17:35| Comment(0) | 日記 【制作について】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。